東京防犯優良マンション・駐車場登録制度

東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度

高層マンション
日本の大都市として良く知られる東京都。
そこには、大きなマンションや駐車場が山ほどあります。
そんなマンションや駐車場をより安全なものにしようと作られたのが、東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度。この「東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度」は、「そのマンションや駐車場が、どれだけ安全なおのなのか」を審査する基準になります。

東京都は人がたくさんいる関係からか、どうしても犯罪率の高さが気になります。
このため、「東京都に住んでいたら安全なところに住みたい」と考える人もいるでしょう。

でも、そういう時に治安だけを気にするのではなく、そのたてものそのものが安全を守ることができる場所なのかどうか」を考える必要があります。
そんな東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度について考えていきましょう。

東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度の基準について

東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度では、「安全なマンション・あんぜんな駐車場」と言われる場所の基準を作っています。ここで、その基準について見直しをしてみましょう。

例えば、マンションの近くに電柱があったとします。オートロックのマンションであったとしても、この電柱を登って階段などに入り込まれたらいみがありません。そこで、東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度では「マンションのバルコニーなどと電柱は、2メートルほど離れていることが望ましい」と定めています。
たしかに、2メートルも離れていたら危険はだいぶなくなるでしょう。

実は、マンションの二階にはしごなどを使って侵入したというケースも増えています。電柱があっても普通の人は登ろうとは思わないと思いますが、何があるのか解らないのがこの世の中ですので、できれば安全なところを選びたいですよね。他にも、共有した出入り口は道路をはじめ見えやすいところにあるということも、条件の一つになります。

この様に、東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度では独自に「安全なマンションや駐車場」を定めています。こういったことを定めることで、マンションの主は建物や駐車場をより安全にすることができるようになりますし、また選ぶ側にとっても「こういうマンションが安全なんだ」と考えるきっかけになるのではないでしょうか。

特に東京の場合は犯罪の多さや人の多さから考えても東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度を意識することが必要不可欠だと思います。おそらく東京都防犯優良マンション・駐車場登録制度についてはまだ知らない人も多いので、多くの人で情報を共有することができるようになるといいですね。