一人暮らしの女性がやってはいけないこと

一人暮らしだからこそ気を付けたい!女性がやってはいけないこれだけのこと

音楽を聴く
一人暮らしの女性は、それだけで犯罪者に狙われやすいです。
女性は空き巣だけでなく性犯罪の心配もしなければなりませんので、一人暮らしの場合はきを抜かないこと。
家だけでなく、外を歩くときも注意が必要です。
なぜかというと、実は女性が性犯罪に遭う確率が一番高いのは道路なんですね。
夜遅くに道路を歩いていたら襲われた…というケースがありますので、そういう目に遭わないように注意をすることが必要になります。
特に10~20代の若い女性は、性犯罪に遭う確率が高くなっているので注意。
このように、年齢で犯罪率が違ってくるということは、襲う側も女性を吟味しているということです。なので、そういう目に遭わないような防犯対策をしなければなりません。

恋人と同棲していた場合は、鍵を変えよう

もし部屋に恋人と一緒に住んていたことがあったり、合鍵を渡していた場合は、鍵をかえましょう。
一度でも好きになった男性を疑うのは心苦しいでしょうが、実は「付き合っていた恋人が侵入してくる」というケースも少なくないので、注意をしなければなりません。
ストーカーなどがこのケースになりますね。
鍵をかえるのは短時間で済みますし、今後の安全のことを考えればやっておいて損はない対策です。
ぜひ、鍵を交換しておきましょう。

音楽をききながら道を歩かないこと

これは性犯罪だけでなく、交通事故にもつながる怖い行為です。
音楽を聴いていると後ろから人が忍び寄ってきても気づきませんし、車や自転車の音なども聞こえなくなってしまうために、危険度が増してしまいます。
「聞こえない」ということがいかに怖いかと言うことですね。
また、相手にも「ヘッドフォンをつけているから聞こえないだろう」という隙を与えることになってしまいます。

同じ様に、スマホをもちながらのながら歩きも大変危険ですので注意してください。
スマホに夢中になっていて、危険に気づかないというのはとても怖いことですからね。
また、スマホに関しては「車を運転しながらいじっていて、事故を起こしてしまった」ということもあることから、移動中は利用を避けるなどの自制心も必要です。

当たり前ですが、ドアはしっかり施錠すること!

当たり前のことですが、ドアや窓と言ったものはきちんと施錠して中に入れないようにしましょう。
きちんと施錠することは当たり前のことですが、これを忘れてしまって侵入されたというケースもありますので注意が必要なのです。